バナナの便利で上手な切り方。持ち運びもできちゃうナイスアイデア。

今回も生活に役立つシリーズとしておなじみのDaveHaxさんの動画を紹介しようと思う。

 

日本でも頻繁に食べるであろうバナナ。他の果物と比べても包丁などを使って皮を向く必要もなく下ごしらえのようなこともないので非常に食べやすく愛されているフルーツである。

 

スポンサーリンク

とても食べやすいバナナであるが、そのバナナの皮を向いた瞬間にすでに実の部分が等間隔に切れていることを想像するとどうだろう。さらに手軽だと感じるのではないだろうか。

 

ここではその手軽な切れてるバナナを実現できるとても簡単な方法が紹介されている。

 

 まず用意するのは裁縫などで使うこの針1本。もちろん裁縫用の針ではなくても、綺麗で細く、丈夫な針のようなものであれば問題ない。

 

そして針をバナナの角張っているところを目安にサイズに合わせて等間隔に通していく。

 

貫通させるのではなくて、反対側の皮を貫通する手前でぐるっとまわすように中の実を切っていく。

 

こんな風にプツプツと等間隔にできれば完成。そして皮を向くと・・・

 

こんな感じではじめから切れてるバナナになっている。とても便利な裏技である。

 

詳しくまとめてご覧いただくには以下の動画からどうぞ!!

https://www.youtube.com/watch?v=PNDjg3409BI